足底筋膜炎|宇都宮市 整骨院・整体院 来恩Lion

TEL

診療時間

足底筋膜炎

  • 足の裏が痛くなる
  • 扁平足が気になる
  • ハイアーチが気になる
  • 外反母趾も併発している

足底筋膜炎の原因|整骨院・整体院来恩Lion

足の裏の筋肉が、恒常的に引き伸ばされることで起ります。

原因の多くは、足を構成する筋肉の弱化と足のアーチを形成する骨の下方変位です。

「筋肉の弱化」は、若い人や運動量の多い人でも起ります。

足を構成するアーチが、潰れる方向に力が加わると、足の裏の筋肉が引き伸ばされて炎症を起こします。

足の形は、土の上、石の上など、あらゆる形状に対応できる構造になっています。

しかし、私たちの生活基盤はほとんどが平坦な場所で行動しているため、アーチの形成が 不十分になりがちです。

アーチが正しく形成されている状態こそが、筋肉が正常に働く状態です。
したがって、そのアーチを構成する「骨の位置」がおかしいと、筋肉にかかるストレス構造も変わってしまいます。それが足の不快症状につながります。

足底筋膜炎を改善するには|整骨院・整体院来恩Lion

足の形を矯正してから、歩行訓練が必要です。そもそも足底筋膜炎は、正しく足の関節が動いていない状態で起こるものです。足の関節 が適切に稼働している状態であれば、運動量(歩いた量)に限らず痛みは出ません。

正しく歩くためには、正しく足が動く「骨の位置」そして「適切に働く運動神経」が必要です。「骨の位置」は立法骨、距骨の変位が臨床上多く見られます。

また、扁平足やハイアーチの方は、膝・股関節・腰にも痛みが出る方が多いです。

足の支持方向が変わるので、足の上の膝~腰も筋肉の方向が変わってしまい痛みになります。 「正しく歩く」ことは、本来骨の位置が正常であれば自然に出来るものです。骨がうまく動かないと、動く場所だけ筋肉を動かすことになるので、その形がガニ股・内股・猫背になってしまうのです。

その期間が長いと、運動神経もその歩き方を学習してしまいます。したがって、矯正した後に意識して「正しく歩く」ことが必要です。

これはスポーツと同様です。どのスポーツでも徹底して基本練習が繰り返されます。基本が出来ている選手ほど怪我も少なくパフォーマンスが高いのは、「基本」こそ最もストレスのかからない身体全体を活かした動きだからです。

コツコツと練習して身につけた正しいフォームは財産になります。一緒に頑張りましょう!

 「慢性痛改善」詳細はこちら→

宇都宮市で足底筋膜炎にお悩みの方は、「整骨院・整体院来恩Lion」にご相談ください。

宇都宮市 整骨院・整体院来恩Lion 施術の流れ

施術の流れ

  1. 受付・問診票を記入
  2. 問診
  3. 検査・鑑別・施術提案
  4. 施術
  5. 検査・今後の施術方針
  6. お大事に