四十肩・五十肩 |宇都宮市 整骨院・整体院 来恩Lion

TEL

診療時間

四十肩・五十肩

  • 肩が痛く服もまともに着られない
  • 背中に手を回せない
  • 痛みで夜眠れない

四十肩・五十肩の原因|宇都宮市 整骨院・整体院来恩Lion

四十肩・五十肩は「誘因のない肩関節の痛みを伴った運動障害」を指し、総称で用いられる用語です。

つまり原因がはっきりしないが、痛みと動きづらさがある状態です。これを細かく見ていくと、腱板損傷、石灰性腱炎、上腕二頭筋腱損傷などがあります。

これらはそれぞれ別の原因なので検査した上で治療法を分けなくてはなりません。

四十肩・五十肩は40歳以降、50~60歳代に多く見られます。急に動かなくなったり、徐々に動かなくなるものがあります。腫れや熱感がある場合は靭帯の小断裂の可能性もあります。

一番厄介な石灰性沈着炎の症状は3つのステージに分けられます。

炎症期

もっとも痛い時期です。平均2~12週間続きます。使い続けるとその痛みは長引きます。
肩の前の方や奥の方に痛みを感じます。
夜間痛もあり、眠れないくらい痛くなることもあります。

拘縮期

炎症が治まり痛みは若干軽減するものの、拘縮のため自由に動かすことが難しくなります。これは平均3~12ヶ月続きます。この時期も痛みで夜起きてしまうことがあります。温めると症状が軽減することも特徴です。

解氷期

徐々に肩の動きが改善し、夜間痛も改善されてきます。

四十肩・五十肩への施術|宇都宮市 整骨院・整体院来恩Lion

夜間痛がある場合は、石灰が出来て、炎症が起きている可能性が高いです。炎症自体を治める方法は薬で抑えるしかありません。

しかし多くの場合、痛みを出している原因は筋肉です。従ってその筋肉を弛緩させればある程度寛解します。第一段階は痛みなく夜眠れる状態を目指します。施術回数は程度によりますが、2~4回が平均です。

次に頭を触れるところまで、腕が動く状態にすることを目標にします。これは腕の骨と肩甲骨の骨を直接動かしながら施術します。これも2~4回が平均です。

ここから先の改善は、難易度が高いです。

当院では「痛みをとり夜に熟睡できる」「顔に手が届く」までを目標にしています。

→「根本改善整体」の詳細はこちら

四十肩・五十肩は、肩こりがある人は起こりやすいです。

肩甲骨の動きが悪いので、筋肉が張ってしまうのが肩こりです。その状態は肩甲骨の不安定性があるので筋肉を緊張させているのです。同様に、不安定性を補完するために肩に石灰が出来るのです。

また、肩甲骨の動きが悪いと言うことは、骨盤の動きも悪くなっています。

肩甲骨と骨盤の動きは連動します。また、股関節の柔軟性にも影響を与えます。

したがって当院では、施術後に身体の使い方改善のためにトレーニングも取り入れています。

宇都宮で四十肩・五十肩にお悩みの方は「整骨院・整体院 来恩Lion」にご相談ください。

宇都宮市 整骨院・整体院来恩Lion 施術の流れ

施術の流れ

  1. 受付・問診票を記入
  2. 問診
  3. 検査・鑑別・施術提案
  4. 施術
  5. 検査・今後の施術方針
  6. お大事に