脊柱管狭窄症|宇都宮市 整骨院・整体院 来恩Lion

TEL

診療時間

脊柱管狭窄症

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 医師に「狭くなっている」と言われた
  • 膝や肩も痛い
  • 歩くと痛くなってくる
  • 随分前から姿勢が悪い
  • 疲れやすい

脊柱管狭窄症とは|整骨院・整体院来恩Lion

「脊柱」が「狭窄」している状態です。「脊柱」とは背骨のことです。背骨の中には神経が走っており、背骨は筒状です。その筒状の背骨が狭窄し、縮むことによって神経を圧迫してしまいます。これが脊柱管狭窄症です。

この原因は、背骨を走る靭帯の垂れ込みなどによって狭窄するためです。

詳しい情報は検索すると色々出てきますが、問題は「オペした方が良いのか」「オペしなくても治るのか」という点だと思います。

まず、基本的に加齢により「脊柱」はだれでも「狭窄」します。しかし、神経を圧迫するほどの狭窄はあまり起こり得ません。病院に行く時点で、痛みを伴っていると思いますので、レントゲンで「狭窄」していれば「狭窄症」という症状名はつきます。

そこで、本当に狭窄がひどい状態で、自己回復ができない状態ならば、オペを勧められます。

特にオペの話が出なければ、痛みの原因が「狭窄」以外にも可能性があることになります。

当院の施術|整骨院・整体院来恩Lion

神経のバランスを整えていきます。まず、加齢によりだれでも「狭窄」しますが、それが著しく狭窄してしまうならば、過剰な神経の興奮が原因です。脊柱管狭窄症は、背骨を支える靭帯に過剰な負荷がかかり垂れ込んでしまうことで起こります。

では、なぜ過剰な負荷がかかるのかというと、身体にかかるストレスを分散できていないからです。つまり、身体の各機能がうまく働いていません。したがって、脊柱管狭窄症と診断される人は、身体の様々なところも同時に悪くなっています。腰だけではなく、肩・肘・膝も痛いという状態になります。もしくは内科系の疾患を持っている可能性があります。

そのような方は、昔から姿勢も悪いケースが多いです。言い換えると、神経がうまく働かないから、身体が上手く使えず「姿勢が悪い」となります。

そうなると、脊柱管狭窄症を含め、色々な不調が身体に出始めます。

したがって、治療法はまず身体の各機能が働くように、神経全体の働きを促さなくてはなりません。

宇都宮市で脊柱管狭窄症でお悩みの方は、「整骨院・整体院来恩Lion」にご相談ください。

宇都宮市 整骨院・整体院来恩Lion 施術の流れ

施術の流れ

  1. 受付・問診票を記入
  2. 問診
  3. 検査・鑑別・施術提案
  4. 施術
  5. 検査・今後の施術方針
  6. お大事に