肋間神経痛 |宇都宮市 整骨院・整体院 来恩Lion

TEL

診療時間

肋間神経痛

  • 背中の痛み
  • 下着付近の痛み
  • 肩甲骨付近の痛み
  • 肋骨の痛み

肋間神経痛の原因|宇都宮市 整骨院・整体院来恩Lion

肋骨の間に走っている神経が圧迫されることで起こる痛みです。

解剖学では「場所の名前」がそのまま症状名として使われることが多いです。

胸郭出口症候群も「胸郭」という部分で起こる絞扼(こうやく)障害です。斜角筋症候群も「斜角筋」という場所で起こった絞扼障害です。

いずれも神経の絞扼が原因で起こります。

また、肋間神経痛が起こる方は、ゆくゆく他の場所にも絞扼障害を起こしやすい傾向があります。

肋間神経痛の場合は、肋骨と背骨の協調運動障害で起こります。

肋骨は上下運動をする骨です。息を吸うと胸が大きくなりますが、これは肋骨が上に持ち上がるため胸の容積が大きくなります。

この運動は、背骨が反ると協調して動きます。
この連動が出来ないと、肋間神経が絞扼され障害が出てしまいます。また、肋骨が動かないということは、背骨が正常に動いていないということでもあります。
すると、背骨を介して連続している腰や肩・首なども正常に動かない為、胸郭出口症候群や射角禁症候群など、他の絞扼障害も起こしやすい状態になってしまいます。

肋間神経痛への施術|宇都宮市 整骨院・整体院来恩Lion

背骨を構成する関節がうまく動かないと、肋骨の活動が制限され、肋骨の間にある肋間神経が絞扼されます。したがって、検査によりその肋骨を特定し矯正していきます。

また、背骨だけではなく、腕の骨が前下方に変位している方も見られます。その場合は、肩も懲りやすいなどの症状や肩の前面部の痛みを訴える人もいます。

交通事故などで、ハンドルを握っていた際に強い衝撃が腕に加わり、肘や肩に軽い亞脱臼が生じることがあります。すると、腕が肩甲骨を、そして肩甲骨が背骨を牽引してしまい、肋間神経痛を起こしてしまうこともあります。

また、顎の障害が肋間神経痛を引き起こしている方もいます

肋間神経痛自体は、難しい症状ではないのですが、胸骨(胸の骨)にも痛みがある場合は、循環器疾患の可能性もあるので注意が必要です。

「根本改善整体」詳細はこちら→

宇都宮市で肋間神経痛にお悩みの方は、「整骨院・整体院来恩Lion」にご相談ください。

宇都宮市 整骨院・整体院来恩Lion 施術の流れ

施術の流れ

  1. 受付・問診票を記入
  2. 問診
  3. 検査・鑑別・施術提案
  4. 施術
  5. 検査・今後の施術方針
  6. お大事に