TEL

診療時間

腱鞘炎

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 腱鞘炎と言われた
  • 手を曲げると痛い
  • 指を曲げると痛い
  • 肘を曲げると痛い
  • 痛いけど、使わないといけない

腱鞘炎とは|整骨院・整体院来恩Lion

腱鞘炎とは、「腱」と言われるスジがあり、これが「鞘」と呼ばれる刀の鞘のようなものの中を通る構造になっています。繰り返し、そこを通ることにより炎症を起こした状態が腱鞘炎と呼ばれています。

一般的には使いすぎで起こると言われています。

「腱」の肥厚や「鞘」の狭窄なども考えられます。結果的に炎症を起こしているので、その炎症へアプローチする治療法が選択されることが多いです。例えば、炎症を抑えるため「安静にする」「炎症を抑えるための投薬」が病院では行われます。

また、該当する部分を抑えて滑走させるなどの方法があります。これは「腱」が「鞘」の中を滑走している状態が正常なのですが、これを滑走し易くするために、負荷をかけて「腱」にストレッチをかける方法です。一時的にはこの方法でも寛解します。

当院の施術|整骨院・整体院来恩Lion

当院では身体全体の調整をします。
そもそも、腱鞘炎が起こる前提が「使いすぎ」と言われることが多いですが、人それぞれ要因が違うため一概には言えません。

腱鞘炎は、指・手首・肘に多いです。しかし、パソコン作業が近年になってから急激に普及しましたが、それに伴い腱鞘炎が増えたというデータはありません。
「強さや負荷の問題もある」という見解もありますが、柔道や剣道など常に握る動作や強い負荷がかかる動作が多い方々が、一般の方より腱鞘炎になる確率が高いというデータもありません。

つまり、「使いすぎや負荷」が前提ではなく、「本当は身体が全体的に悪くなっていて、最も負荷がかかる部分が<腱鞘>だった。」ということです。
身体は補完しながらストレス(負担)を分散させながら動いていますが、いよいよ分散出来なくなった所が「腱鞘炎」として現れただけです。

なので「腱鞘炎」自体は安静にしてれば炎症はおさまりますが、次にストレス(負担)を分散出来なくなった所が痛くなる。と、常にどこかが痛いという状態になってしまいます。

したがって当院では、「手」「肘」「背骨」「肩甲骨」「骨盤」「足首」など全てを調整します。「腱鞘炎」になっている人は、その前段階で腰痛や肩こりになっている人が多いです。つまり段階的に悪くなっているだけで、「いつ治すか」「どこまで治すか」の問題があります。

当院では、患者さんの希望に寄り添う状態にしたいと考えていますが、なるべく治せるところまで治すようお付き合いさせて頂いております。

 

宇都宮市で腱鞘炎お悩みの方は、「整骨院・整体院来恩Lion」にご相談ください。

宇都宮市 整骨院・整体院来恩Lion 施術の流れ

施術の流れ

  1. 受付・問診票を記入
  2. 問診
  3. 検査・鑑別・施術提案
  4. 施術
  5. 検査・今後の施術方針
  6. お大事に