スタッフ紹介|宇都宮市 整骨院・整体院 来恩Lion

TEL

診療時間

スタッフ紹介

当院のスタッフをご紹介します

名前 後藤 将之
経歴 ・健向接骨院グループ 腰痛専門ニュートン接骨院 腰痛インストラクター
・Relux北戸田店・レイクタウン店
・さいたま柔整専門学校 臨時職員 兼 大和田整形外科
・柔愛堂グループ 第三なまい接骨院、にじいろ接骨院
資格
所属団体
・柔道整復師
・日本medicalfitness therapist スポーツトレーナー
・日本BODYtherapist協会 ボディセラピスト
・JPR協会 認定プロ(栃木県4人)
・日本柔道整復接骨医学会(3遍論文発表)
・むちうち治療協会認定院(栃木県初)
・ANJ認定アクティベータ
・PCRT協会認定

整骨院・整体院来恩Lionの想い

当院は、対処法ではなく根本改善をお伝えしています。

・痛み・不調が起こる度に対処法を探すのでは、キリがないのではないか?
・痛み・不調を治す知恵で、将来の身体づくりにも役立つものはないのか?
という疑問から誕生したのが、整骨院・整体院来恩Lionです。

整形外科・整骨院・整体院は、痛み・不調が起こっている解剖学的・生理学的異常を解明していくことに重点が置かれています。
当院は、「健康」になることが一番大切だと考え、その方法をお伝えしています。

痛みの原因は無数に存在し、それに応じて対処法もたくさん考案されていますが、「健康」になる方法は一つです。
それは、「調和」です。
その「調和」は神経によって成されます。神経の役割は全身のコントロールです。
ストレスで起こる不調も、無意識(本心)と意識(気持ち)の不調和で起こります。

「調和していない」という状態は、制限が起きているので痛み・不調が起こるのです。
「調和」していれば制限がないので、活き活きと自由に活動出来ています。その結果、自然治癒力を含めた様々な生命活動が正常に機能するので、痛み不調がなくなるのです。
仕事・学業・スポーツなどと同様に、自分が変化し「自分」と「周囲の人」を喜ばせる行為は、より調和のとれた自分へと成長させ、それが健康へと導くのだと思います。

痛みを緩和したいだけなら電気や薬で散らす方が早いですし、マッサージや温熱治療の方が気持ちが良いものです。このような対処法ではなく、「調和のとれた自由な身体を取り戻したい」という根源的欲求(無意識)に応え、自分を操縦する(意識・行動)ことが、より健康(調和)的なのではないでしょうか。
今後も長い付き合いになる身体を強健にして、成長を楽しんでください。これが当院の想いです。

痛み・不調の本質

身体全体をコントールしている「神経」が異常を起こすと、緊張と弛緩(リラックス)を上手く切り替えられなくなります。その結果、癒着や血行不良を引き起こし、痛み・不調となります。
そして、自律神経は「無意識」の情動によっても反応します。つまり自律神経の不調は、神経そのものが異常を起こしているのではなく、「無意識」の情動に反応して自律神経の切り替えが行われているだけかもしれません。「意識(気持ち)」と「無意識(本心)」の不調和を起こすと、身体にも不調として現れます。

施術計画

ご希望に応じて、「骨格矯正」と「自律神経の調整(無意識のストレス)」をしていきます。
最初は「骨格矯正」から始めます。脳(神経)への刺激を繰り返すことで可塑性による変化が起きます。(参孝文献:神経細胞とシナプス可塑性
ご自身のゴール設定に合わせて、頻度や回数を調整していきましょう。

施術法

1、骨格矯正
身体には200を超える関節と500の筋肉がありますが、これらをコントロールしているのが神経です。この神経の働きの異常を検査により特定し、矯正していきます。
パチンという骨振動により、神経で繋がれた筋肉や自律神経の活動が正常に戻り、各細胞の活動が再開します。この過程は、施術直後〜睡眠時の回復過程を経るので、直後から3日くらいで身体は変化します。1回の矯正は約30箇所くらいで、次回その変化を元に必要なところを再矯正します。繰り返し刺激を入れることで、神経回路を強化していきます。何回も異常が出る所は、病因が隠されている所か行動パターンの癖があります。

2、自律神経の調整(無意識のストレス調整)
「自分を壊す一歩手前の負荷が自分を成長させる」
とニーチェは言いましたが、自分の意思の力で「その一歩」を踏み越えてしまう人もいます。
意思が弱いとストレスに弱いのでしょうか?意思が強いから一歩踏み越えてしまうのでしょうか?
どちらも正解ではありません。強い弱いは関係なく「無意識」によって自律神経の不調は起こります。「無意識」が闘争か逃走すべきと判断すれば交感神経を活動させます。
その結果、身体に緊張が走ったり心臓の鼓動が速くなるなどの身体反応が出ます。それが「無意識」であるが故に、自分の本心(無意識)と気持ち(意識)の整理ができないまま身体の反応だけが続き、不調を起こすことがあります。
交流する自律神経|ポリベーガル理論
自分の身体反応を検査基準とし、無意識の情動を認知していきます。
*脳器質の異常やホルモン異常がある場合は、専門病院をお勧めします。

整骨院・整体院来恩Lion