TEL

診療時間

根本改善整体

こんな症状でお悩みではありませんか

  • スポーツ由来の慢性痛
  • 坐骨神経痛や腰痛持ち
  • 股関節、膝などの関節痛
  • 手術せずに痛みを取りたい
  • 手足に痺れを感じる
  • 不眠や頭痛など自律神経の不調

慢性痛・不調とは|宇都宮市 整骨院・整体院来恩Lion

ご自身の身体の状態を正しく把握し、どうありたいのかによって、どこに通うべきかが変わってきます。

病院や整骨院と当院では、治療方法が違います。それは、対応している症状が違うためです。

症状が起きる要因を大きく分けると、病理的要因と生理的要因の2つがあります。

・病理的要因の痛み

・怪我(骨折、脱臼、裂傷)→肉体の損傷が明らかなもの。
・病気(がん、白血病、感染症)→ウイルス、細菌などにより正常な細胞が侵蝕されていることが明らかなもの。
このように、レントゲンやMRIなど、X線や磁気によって可視化できる異常も病理的な異常で、病院でも治療領域になります。

・生理的要因の痛み

上述以外のものは生理的要因のものです。

病院で行う「検査」というのは、痛みの原因を可視化することなので、可視化出来なかったものは「異常なし」となり「様子をみてください」と言われます。

また、人の身体は可視化できる程の病気が発生する前の段階で、異常を感知する機能を持っている、と言い換えることができます。

「様子をみてください」というのは、いずれ病理的な状態に悪化する可能性があるという事でもあります。
そこで、この可視化出来ない痛みである生理的要因を、当院では治療しています。
慢性痛の8割はこの生理的要因の痛みと言われており、生理的要因の痛みにはメカニズムがあります。

5つのストレス要因 ⇨ 反応 ⇨ 関節の不動化 ⇨ 筋膜・骨膜の癒着 ⇨ 痛み

人は日常生活の中で、5つのストレス(肉体的・栄養的・環境的・生物学的・精神的)を受けています。

このストレスに対して無意識領域で反射(脳や神経の反応)をしています。

この反応に誤作動があると、筋肉の緊張、関節可動域の制限、骨格の歪み、筋膜の癒着などに繋がります。

結果として痛みや不調を引き起こします。。

一般的な整体院や整骨院では、筋肉の緊張や骨格の歪みを整える施術が行われますが、効果が一時的であることがほとんどです。

それは、5つのストレスに対する脳や神経の反応をコントロールできていないためです。

慢性痛を根本的に改善するには、脳や神経の反応を調整する施術も同時に行う必要があります。

こちらの動画をご覧ください。

痛みの全体像

生理的要因の痛みメカニズム

根本改善整体とは|宇都宮市 整骨院・整体院来恩Lion

宇都宮市 整骨院・整体院来恩Lionでは、慢性痛の直接原因である筋膜癒着、骨格バランス、関節可動域を整える施術に加え、脳や神経の反応を調整する施術で根本的な改善を図ります。また、患者様に合わせたセルフケア方法もお伝えいたします。

問診、カウンセリングにて患者様の症状やお悩みについて詳しくお伺いさせていただきます。検査では骨格の歪み、関節の硬さ、脳や神経の反応エラーなどを分析します。

当院では、患者様の意思が最も重要であると考えています。

症状・痛みの発生サイクルは、

①5つのストレス要因

②反応(脳・神経の反応)

③関節の不動化

④筋膜などの癒着

⑤痛み

となる訳ですが、③④に該当する施術が、筋膜リリースやモビリゼーションといったものになります。これは簡単に出来るものもあるので必要に応じてお伝えします。

当院で行うのは①②です。

これはメンタル疾患とは違います。メンタルが強い・弱い関係ないです。「人間らしさ」を形成する無意識下の異常興奮・抑制です。誰でも起こります。

①ストレス要因というのは、無意識下にあるものです。意識下にあるものではありません。

②は反射回路を一つ一つ検査し、正常にしていきます。

これは下段の項目「骨格矯正・骨盤調整」でお話している内容です。そもそも「骨盤矯正や産後骨盤矯正・小顔矯正」は造語で、医学的な術式ではありません。

日本ではその呼び名のほうがイメージされやすいのでその用語を使いますが、本当は骨の移動をすることが矯正ではありません。そもそも骨は左右対象ではありません。

手も足も左右の大きさは違います。肋骨や顔も対象ではありません。筋力も器用さも、内臓も違います。なので左右対象な訳がありません。

また、骨が出てる・曲がってるから歪んでると言うことではありません。なぜなら左右対称ではないということは、大きさも違うからです。

問題は神経の反射回路が正常かどうかです。

以下に一般的に言われている施術名に照らし合わせて、当院の施術内容をご説明します。

施術の種類|整骨院・整体院来恩Lion

①筋膜リリースとは?

筋膜はその名の通り、筋肉の膜(コラーゲン・エラスチン・平滑筋から出来ている)です。筋膜は、器官・神経・筋・骨を覆っています。
筋膜のコラーゲン繊維は癒着しやすい特徴があります。癒着すると瘢痕化(組織の塊りのようなもの)が起こります。
その結果、筋膜の機能を失ってしまい、軟部組織への栄養供給と代謝産物の排泄を滞らせ、様々な不調を引き起こします。

「身体は柔らかい方が良い」と一般的に言われています。これは正確に言うと、膜組織は希釈されたゲルのような性質があるため、「柔らかい」というのは、このゲル組織が流動性に富んでいるという状態です。つまり、供給と代謝がスムーズに行われている状態です。

この膜組織(ゲル組織)の流動性を上げるために必要なものが栄養と運動です。

運動をし続ける人は、健康をキープ出来る確率がグッと上がりますが、「運動を辞めた途端に悪くなる人」「運動すると怪我をする人」は、そもそも運動を支配する「神経」に問題があります。当院ではこの神経に直接アプローチすることにより根本的な改善を図ります。

②頭蓋調整とは?

頭蓋仙骨療法(クラニオセイクラル)は、頭の骨のつなぎ目である縫合部を緩め、本来のリズム(一次呼吸)を取り戻すことで、頭の過度の緊張を緩解し深いリラクゼーションを促します。

頭の骨自体は背骨につながります。つまり背骨と頭蓋は連動しているので、背骨自体の調整も必要です。

当院では、踵から後頭骨(後頭部の骨)まで矯正し、必要があればクラニオセイクラルは別に行います。基本的には40歳未満の方が対象になります。

③内臓調整とは?

内臓調整とは、体質改善のために行います。

体質改善は「“体液の質”の改善」です。“体液”とは血液・リンパ液・脳性髄液のことを指します。これらの体液が、血液や栄養分、ホルモンを我々の身体に運びます。

この体液の質は、内臓の活動性で決まります。血液は骨髄、リンパ液は脾臓、脳脊髄液は脳室など身体の各器官で体液は造られます。

この生成がしっかり行われるように、“動き易い状態にする”ことが内臓調整の役割です。
臓器自体の動きが悪くなると、本来の力が発揮され無い状態になります。この状態が病気になる前の“未病”と言う状態です。
臓器本来の力が発揮出来なくなってしまった状態を“病気”と言います。

内臓の活動性低下により、局所の貧血やそれに伴う組織液の酸性化イオンの増加、カリウムイオンの増加、発痛物質の増加などが起こります。
そして、内蔵の痛覚というのは一般的に局所が不明瞭で、不快感があります。また、他の部位と関連した痛みの感覚を起こします。
そのような方には当院では、経絡、胸椎レベルの調整を行います。

④骨盤矯正・骨格矯正とは?

当院の骨盤、骨格矯正はバキバキする施術でなく、反射回路を正常にしていくものです。

人間は二足歩行するように身体がつくられています。何も考えなくても歩いたり走ったり出来ることや、つまづいても転ばないのは反射的にバランスが取れる様に身体が動くからです。

この反射回路は身体中あらゆるところに存在します。そしてこの反射回路は神経で構成されており、骨を伝っています
したがって異常のある反射回路を特定し、骨を矯正することで、その神経反射回路を回復させることができます

その回復に必要な刺激は、腰ならば、腰椎の「何番」の「どの場所」を「どの角度」で「何Hz(振動数)」で「何ニュートン(強さ)」で、と細かく設定していきます。

(*幼児から骨粗鬆症の方まで、反射回復に必要な刺激の強さは概ね変わりません。また、この刺激の強さは1960年からの臨床研究の積み重ねによって算出された最適解です。これで怪我することは無いと考えられますのでご安心ください。)

背骨だけで26個あります。それぞれ上下左右にも傾くので、反射回路が変わります。それと連動する形で骨盤が動きます。もちろん骨を構成する骨とそこからつながる足の骨の反射回路も異常があれば矯正が必要です。
つまり、骨盤だけ矯正してもあまり意味がありません。したがって、当院の骨盤調整・骨格矯正は全身を検査し矯正します。

⑤神経調整とは?

小脳の協調運動、嗅神経、視神経、動眼神経、滑車神経、三叉神経、外転神経、顔面神経、内耳神経、舌咽神経、迷走神経、福神経、舌下神経の各障害、経絡(伝達系)の障害、三半規管/頸動脈洞の障害、無意識下のストレスによる自律神経の障害などにアプローチする施術です。

当院の治療法は、世界40カ国(日本は加盟してない)で承認されている治療法です。しかし、まだ日本では馴染みが浅いものになります。先入観を持たずに受けていただければと思います。

古典東洋医学及びカイロプラクティック理論に基づく治療を行なっていますが、日本のカイロプラクティックや一般的な東洋医学概論と別物です。

当院へ受診を考えられている方へ|整骨院・整体院来恩Lion

スポーツ選手なら「何週間・何年後にピークを持っていくのか」「生涯スポーツにしたいのか」などご自身の現状と目標によって、治療内容が変わります。

痛みなどの慢性痛も、「痛みを取れば良いのか」「生涯、快調でいたいのか」などご自身の現状と目標によって治療内容が変わります。

施術内容も「揉まれたい」ならマッサージ屋さんへ、「一回で痛みをとりたい」なら痛み止めを視野に入れた方が良いでしょう。

つまり、「なんでも出来る」ということです。

もちろん当院がなんでも出来る訳ではありません。当院で出来ないことは病院で出来ますし、病院で出来ない分野は当院で出来ます。

医療は世界中の賢人たちが知を結集させて発展させてきた集大成です。ですので、ほとんどの症状は当院か病院で何とかなります。

貴方が自分の体を何とかしたいと思っているなら、きっとよくなる方法があると思います。

ただ、私たち医療従事者に出来ないことがあります。それは現状を受け止めることです。これは患者さん自身の問題です。

身体は現状を踏襲していくだけです。奇跡はありません。起こるべくして起こることしかありません。現状を受け止めてからでないと次に進めません。我々はその道筋に必要な施術を提供するだけです。

自分の現状を正しく受け止めるのはとても勇気がいるように思えますが、地に足をつけて自分の体と向き合っていくことは、現実逃避するよりはるかに建設的です。

ご自身の「現状」と「目標」が明確であればある程、当院ではより具体的に提案できます。

大切なお身体を預かることになりますので、ご自身の目標が叶うよう、真摯に向き合います。

宇都宮市で首こり、肩こり、五十肩、腰痛、ヘルニア、坐骨神経痛、ぎっくり腰、股関節痛、膝関節痛、自律神経失調症などの慢性痛、不調でお悩みの方は「整骨院・整体院来恩Lion」までお気軽にご相談ください。

宇都宮市 整骨院・整体院来恩Lion 施術の流れ

施術の流れ

  1. 受付・問診票を記入
  2. 問診
  3. 検査・鑑別・施術提案
  4. 施術
  5. 検査・今後の施術方針
  6. お大事に