ご自身にあった治療院の選び方|「怪我」「病気」「慢性痛」それぞれ治療法が違う|宇都宮市 整骨院・整体院 来恩Lion

TEL

診療時間

スタッフブログ

ご自身にあった治療院の選び方|「怪我」「病気」「慢性痛」それぞれ治療法が違う

ご自身にあった治療院の選び方|「怪我」「病気」「慢性痛」それぞれ治療法が違う

ご自身にあった治療院の選び方

目次

1、あなたの症状は何ですか?

2、当院の治療方針

3、何のためにどうなりたいですか?

 

1、あなたの症状は何ですか?

腰痛や頭痛、肩こり、膝・肘・顎の痛み、めまいなど、何らかの不調があって、治療院をお探しかと思います。自分の身体の状態を把握することが、治療院選びの第一歩です。

治療院は沢山ありますが、次の3パターンに分けられます。

①怪我

②病気

③慢性痛

です。

①「怪我」・・・・筋肉・皮膚・靭帯・骨などの組織が明らかに損傷(骨折・打撲・切り傷)などがある状態です。

②「病気」・・・・ウイルスや細菌感染を伴うものや自己免疫疾患です。

この二つでなければ、「慢性痛」です。

①②は健康保険で治療が受けらます。健康保険を使った医療を提供する機関が「病院」か「接骨院」です。

「接骨院」は、骨折・脱臼・打撲・捻挫のみ健康保険が使えます(厚生労働省

「病院」は①②どちらでも対応できます。

健康保険を使った治療は、厚生労働省の設定した治療法に準拠しています。したがって、全国一律ほとんど同じ治療が受けられます。診療科目が合っていれば、医療の質に特段の差はないでしょう。

「慢性痛」は当院です。

「慢性痛」は、①でも②でも無いのに不快な状態にある方です。

腰痛や肩こりなどは「怪我」や「病気」ではないです。座ってると、或いは立っていると痛くなるのは、その都度「怪我」や「病気」をしている訳ではありません。

人の身体は、本来自然に治る力が備わっているのですが、この力がうまく発揮できない状態が慢性痛です。

 

2、当院の治療方針

慢性痛とは自分の身体を思ったようにコントロール出来ていない状態です。

コントロールが出来ていないので、力が抜けない・緊張しすぎるということが起きるのです。これが腰に起きれば腰痛になり、肩に起きれば肩こりになります。もちろん、それ以外の場所でも筋肉が緊張することにより、血管を圧迫し血行不良が起こるので、様々な不調が起こります。

では、コントロール出来ている状態を先にお伝えしたいと思います。

・コントロールできている状態

「姿勢がよい」・・・見た目が良い

「所作がきれい」・・歩くなどの動作・スポーツなどの基本レベルが高い

この二つが外見上で判断出来ることです。

まず「きれい」と私たちが判断するのは、「健康的である」と判断した場合です。好みや美的感覚は、自分の生まれた環境によって刷り込まれたりもしますが、根本的な所は「健康的」な人を、私たちは自然に「きれい」と判断しているのです。

健康的とは、神経・血管が十分に働き、皮膚や筋肉などに十分な栄養が行き渡り、排泄や代謝・循環が高いレべルで維持されている状態です。

その状態が「姿勢が良い状態」です。身体の機能が十分に使えていると、脳内血流量・腸の蠕動運動を含めた健康を維持するための代謝活動が円滑に行われるのです。

また、すべての骨・筋肉が正しく動くと、「行動がきれい」つまり歩き方もきれいで、スポーツは何をやっても、最初から高いレベルで出来ます。高いパフォーマンスを出せる動きと、怪我をしにくい動きは、同じ動きです。これは身体の機能が十分に発揮されている動きのことを指しています。同時に、疲れにくく回復し易い状態でもあります。

この状態でなければ、身体のコントロールが出来ていないということです。

神経が筋肉をコントロールします。筋肉が緊張し過ぎたり、或いは力が上手く入らないのは神経が上手く働いていないのです。

そこで当院では、「身体の矯正」と「無意識のストレス調整」をします。

「身体の矯正」では、神経を一つ一つ調べていきます。足から後頭部まで、検査して異常のある所を矯正していきます。

「無意識のストレス調整」では、無意識のストレスで不調を繰り返してしまう所を探します。これは心が弱いか強いかは全く関係ありません。また「今、感じているストレス」とは違うもので「無意識」のものです。

例えば「完璧主義」の人の場合

「完璧主義」であるが故に、社会的成功が得られるかもしれません。しかし、「完璧主義」であるが故に不調の原因になるかもしれません。

このように「完璧主義」であること自体には良いも悪いも無いのです。ただ、自分が作ったルールで自分が縛られているのです。

その「縛り」が、休息を拒否し、常に過緊張を産んでいるのです。

「ストレスが強いから」「心が弱いから」ではありません。自分が作ったルールに「無意識」に縛られている状態です。人によって様々な「自分のルール」があるのです。当院では、それを探していきます。

 

3、何のために、どうなりたいですか?

当院はカイロプラクティック(ボキボキしない)です。カイロプラクティック哲学では「常に効く」という哲学があります。「医学」ではなく、哲学で「効く」という教えがあります。

西洋医学では、ウイルスや細菌疾患由来の難病克服と救命という役割を担っています。

私たちカイロプラクティックなどの統合医療の従事者は、そのような疾患ではない症状に苦しんでいる人たちと向き合います。

よりよく生きるため、より健康になるための技術が私たちの技術です。

生涯、自分の身体をどのように意味づけ、どのように向き合っていくか、そのパートーナーとして貢献できれば幸いです。